注目のキーワード

車酔いは防げる?宇宙に行くと酔う?【健康豆知識】 new

2018年9月28日

車酔いは防げる?宇宙に行くと酔う?【健康豆知識】

めまい・耳鳴り・難聴は、耳や脳が関係していることもあって、「なんだか難しそう」「よくわからない」と思われがち。ストレスがかかわっていることも、広く知られているとはいえず、めまいが起こると「脳出血?」と勘違いして受診する人もいます(*1)。この記事では、めまい・耳鳴り・難聴にまつわる役立つ知識や興味深い情報をお届けします。あなたの思い込みや疑問をチェックしてください。

*1 めまいの原因は脳ではなく耳にあるケースが多く、実際に脳卒中などを発症しているのは数パーセント

「乗り物酔いを防ぐのに効果的なのは?」

乗り物酔いは、専門的には「動揺病」と呼びます。車やバスに乗ると、普段動いているときとは異なる振動や視覚情報を受け取ります。この日常感覚とのズレで脳が混乱し、めまいや吐き気を招くと考えられています。慣れると起こりにくくなり、めまいを起こしやすい人は乗り物酔いにもなりやすい傾向があります。

前日はよく眠り、排便をすませ、適度な食事をとるなど、体調を整えてから乗ると、乗り物酔いを防ぐ効果があります。厚着をせず、ベルトやネクタイはゆるめましょう。薬を服用するなら、「乗り物酔いになる前に」がポイントです。

ちなみに、江戸時代でも「かご酔い」なるものがあり、ラクダや象に乗っても酔うことがあります。また、犬やサルなど、乗り物酔いになる動物もいます。

「台風が近づくとめまいや耳鳴りがするのは、気のせい?」

ストレスで自律神経のバランスが崩れ、めまい・耳鳴り・難聴が引き起こされることはよくあります。ストレスというと、心の問題を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、身体が不快に感じることも該当します。身体的なストレスとしては、温度や音、においなどが代表的で、特に急な寒さや気圧の変化でめまいや耳鳴りが起こることもあります。携帯用の使い捨てカイロで冷えを防ぐ、台風が近づいたら安静に過ごすようにするなど、事前の対策を心がけてください。

▼関連記事:予防と改善にはストレスマネジメントが重要です

温暖差が激しい季節の変わり目に、めまいや耳鳴りで悩む人も増える

「宇宙に行ってゆらゆら揺れると、酔う?」

無重力状態で過ごすと、乗り物酔いと同じようなめまいや吐き気を催すことがあります。引き起こされる仕組みは地上での乗り物酔いと同じで、無重力空間の状況を不快に感じた脳の混乱によるものです。地上での乗り物酔いと少し異なるのは、顔がむくみ、前触れなく突然嘔吐する点です。また、宇宙酔いは、1度経験すると2度目はほとんど起こらず、もしくは症状がぐんと軽減するそうです。

「温泉旅行でリフレッシュは、めまい改善に効果的?」

ストレスや緊張が原因でめまいや耳鳴りが起こっている人が、「温泉旅行でもしてリフレッシュしよう」と考えるのは、改善に前向きという点でも、自然の中で過ごすという点でも、とてもよいことです。ただし、ただ単に温泉に行けばよいというわけではありません。慌ただしいスケジュールを組んでしまうと、帰宅したときには疲れが増しているおそれもあります。できればゆったりとした計画を立て、連泊できるとなおよいでしょう。

▼関連記事:知っておきたい!「炭酸泉」の効果【健康豆知識】

「メニエール病や難聴に、“脱毛”が関係している!?」

耳の奥の内耳にある蝸牛(かぎゅう)には、感覚毛が生えた有毛細胞が並んでいます。この感覚毛が刺激され、空気の振動が脳へと送られることで「音」として認識されます。蝸牛の入口付近の毛は、主に高い音を感じ取る働きを担っていますが、どの音も入口を通過するため、加齢とともにすり減ります。「加齢性難聴」は、入口付近の毛が抜けたり倒れたりすることで起こります。「突発性難聴」はどの場所の毛も一気に弱る傾向にあり、「メニエール病」は奥のほうの毛が倒れたり抜けたりします。突発性難聴とメニエール病は、早期治療により、感覚毛の温存や回復が期待できるので、早期治療が必要というわけです。

▼関連記事:めまい・耳鳴り・難聴を防ぐための基礎知識【原因と対策】

「耳掃除をさぼると、聞こえが悪くなる?」 

聞こえが悪くなると、「耳垢がたまっているせいではないか」と考える人がいます。耳垢にはドライタイプとウエットタイプがあり、日本人は約9割が前者とされています。ドライタイプでもウエットタイプでも、耳垢のせいで聴力の低下する例がまれにありますが、その原因の多くは「耳掃除のしすぎ」です。念入りに掃除をしすぎた結果、耳垢を奥へ奥へと押し込んで固めてしまったためなのです。実は、耳垢は放っておいても自然に外に出てくるもの。耳掃除をするときは、耳垢を奥深くに押し込まないよう、耳の入口から1センチまでを目安にやさしく取り除きましょう。ウエットタイプの人でも、奥深くまでの耳掃除は不要です。ただし、老人になると自然に出てくる力が衰えることがあり、耳垢がたまりがちになります。ときには耳鼻咽喉科で耳垢のチェックを受けることがおすすめです。

▼【めまい・耳鳴り・難聴】をもっと読む

この記事をシェア

  • facebook
  • twitter
  • google+
  • はてブ