注目のキーワード

疲労感や体調不良は夏冷えのせい?【原因と対策】 new

2019年3月7日

疲労感や体調不良は夏冷えのせい?【原因と対策】

暑い夏こそ、冷えや血行不良による不調に注意しましょう

「冷えは寒い冬に起こるもの」と思われがちですが、冷たいものをとる機会が増える夏は内臓が冷える人が増えます。ただでさえ体力を消耗しがちで疲れやすい状態に内臓の冷えが加わると、下痢や便秘などの症状を悪化させる可能性もあります。そのため、「夏は冷えだけでなく疲れや不調が続く」というケースも多くあり、冷えによる血めぐりの悪化が、さまざまな不調を招いているおそれがあります。

夏の冷えを防ぐ基本は、エアコンで体を冷やさないことです。ビールやアイスクリームといった冷たい飲食物のとりすぎにも注意してください。暑い屋外とエアコンが効いた室内との温度差も、体調不良の原因になります。体温を調節する交感神経が働き続けるため、自律神経のバランスが崩れるからです。

▼関連記事:夏になるとよく下痢をする。お腹もキリキリ痛い・・・【原因と対策】

筋肉で産生される熱量を減らさないことや、その熱を運ぶ血行を悪くしないことも大切です。特に女性は男性に比べて筋肉量が少ない上、加齢とともに減少するので、日頃から体をこまめに動かして基礎代謝量を増やし、冷えにくい体をつくりましょう。

▼関連記事:筋肉量を増やして、冷えにくい体をつくりましょう

知っておきたい!夏の冷え症を防ぐ5つのセルフケアのコツ

「疲労感や体調不良は夏冷えのせい?」。そんな不調や悩みの対策や予防法をご紹介します。自分に合った簡単なセルフケアを取り入れて、夏を元気に乗り切りましょう。

コツ1.「夏こそお風呂」で働き続ける交感神経に休息を

屋外と屋内の温度差に対応するために働き続けている交感神経を休める効率的な方法が、入浴です。リラックス状態に導き、副交感神経を優位にするだけでなく、エアコンによる筋肉の緊張を解きほぐす効果もあります。暑くて入浴する気分になれない場合は、37℃くらいの低温のお湯をはった湯船に10~20分ほどつかるぬるめ入浴を取り入れてみませんか。

▼関連記事:熱中症や夏バテ予防―すぐに役立つ健康入浴法(5)

暑い夏は、ぬるめ入浴で疲れをリセット。清涼成分の入ったクールタイプの入浴剤を使うと、湯上りの肌のベタつきを抑え、スッキリとリフレッシュできる

コツ2.温度差と汗に配慮した服装で冷え対策

寒暖差が大きいと、体温を調節するために自律神経が働き続けることになり、疲労や不調の原因になります。夏だからといって薄着をしすぎず、外出する際はカーディガンやストールを用意しておき、屋外と屋内の温度差を調節してください。

暑さの象徴ともいえる汗は、放置しておくと冷える原因になります。汗をかいたままエアコンが効いた電車に乗るのも、実は避けたい行動の一つ。汗をかいたらすぐに拭きとる習慣を。汗拭きシートを活用するのもおすすめです。また、綿素材の服は、実は汗が乾きにくい性質があります。着替えを用意する、吸湿性が高く乾きやすいシルクや機能性素材でできたインナーを選ぶ、さっと着替えられるインナーを着用するといった方法も一考です。

▼関連記事:温め方いろいろ!自分に合った方法で冷えを解消【健康豆知識】

コツ3.体の内と外から温めケアを徹底!

暑い夏はつい冷たい飲食物を多くとってしまいがちですが、食事のメニューが冷たいものだけにならないように、最低でも一品は湯気が出るような温かいものを加えましょう。

服装はクーラー対策を意識します。お手本にしたいのが、浴衣。肌の露出は少なく、脇の下や腕は通気よく、お腹は保温できるのがポイントです。オフィスでは、男性の服装を目安に、肌の露出はできるだけ控えめに。素足にサンダルは避けて、足元はストッキングやおしゃれなソックスを着用しましょう。

エアコンの冷えた空気が直接当たらないようにするのも大切。可能なら扇風機で空気を回しましょう。普段から体に筋肉をつけておくことや、暑熱順化も重要です。

▼関連記事:暑さに慣れて発汗できる体になる「暑熱順化」

コツ4.こまめに動いて筋肉量をアップ!

冷えにくい体をつくるためには、筋肉の量を増やして基礎代謝をアップすることが重要です。暑い夏に体を動かすのはおっくうかもしれませんが、気温が上がらない朝のうちにひと駅歩く、家事で体を動かす、仕事の合間にストレッチをするなどで、活動量を増やす心がけが大切です。

▼関連記事:筋肉量を増やして、冷えにくい体をつくりましょう

また、お風呂の後に、前屈10秒×3回の「30秒ストレッチング」を継続すると、脚の筋肉や足首がやわらかくなるといった変化が確認されています(*1)。

*1 出典:花王株式会社「炭酸入浴の筋肉に及ぼす影響」(2012年)における検証結果

 

<ストレッチング(前屈運動)>

10秒の前屈を3回繰り返すだけ!筋肉がやわらかくなり、腰痛などを防ぐ効果も期待できる

 

※運動やストレッチの効果には個人差があります。無理をせず、伸ばしている部分が「気持ちいい」と感じる程度を目安に行ってください。

コツ5.肩や腰の「パーツ温め」で仕事中の冷えを予防

デスクワークなどで仕事中の活動量の少ない人は、冷えが気になる部位に使い捨てカイロを貼って温めておくとよいでしょう。背中や腰に貼ると、全身が温まりやすくなります。疲れ目や肩こりが気になる人は、肩や首を温めるのもおすすめです。

この記事をシェア

  • facebook
  • twitter
  • google+
  • はてブ