夏冷え、下痢、こむら返り…。夏の不調の原因と対策【まとめ読み】

2019年5月31日

暑い日が続き、「疲れがとれない」「食欲がない」という人が増える季節。また、「夏なのに冷えが気になる」「最近よく足がつる」「夏になると下痢をする」という人も多いようです。そこで、「ヘルスケアナビ」の記事の中から、夏に起こりやすい不調の原因や、それを解消するコツなどをわかりやすくまとめてご紹介します。この夏を元気に乗り切りましょう!

エアコンによる「夏冷え」は入浴で快調に!

「暑いのに、冷えてツラい」「毎年、夏になるとなぜか体調が悪い」という人は、「夏冷え」かもしれません。エアコンが効きすぎた環境に加え、屋外と屋内の温度差は、自律神経のバランスに影響し、体調不良を招くことがあるようです。

夏の冷えを防ぐ基本は、エアコンで体を冷やさないことです。(中略)暑い屋外とエアコンが効いた室内との温度差も、体調不良の原因になります。体温を調節する交感神経が働き続けるため、自律神経のバランスが崩れるからです。(中略)筋肉で産生される熱量を減らさないことや、その熱を運ぶ血行を悪くしないことも大切です。

血めぐりが悪くなり、手足に血液が行き届かなくなるのが冷え症の原因。冷えた体を温める簡単な方法が、熱すぎない38~40℃ぐらいのお湯につかる入浴です。ぬるめのお湯がなぜ冷え症によいのかも知っておきたいですね。

冷え症とは、血行が悪くなり、手や足の血管に血液がきちんと行き届かなくなることで起こります。冷え症の人や冷える職場で過ごす人におすすめの入浴法は、ぬるめのお湯にゆっくりつかること。血管が拡張して、血行が促され、全身が効率よく温まります。

熱すぎない38~40℃ぐらいのお湯ならじっくり湯につかることができるので、体がしっかり温まります。全身浴で10分以上つかるのがおすすめですが、半身浴なら20分以上を目標に。(中略)入浴するときには、無機塩系や炭酸ガス系の入浴剤を入れると、温浴効果が高まり、温かさが持続します。

夏の下痢や夏の終わりの胃痛は、冷えや寒暖差に注意!

夏の胃腸の悩みにも目を向けてみましょう。まず、「夏になるとよくお腹をこわす」という場合は、エアコンによる冷えを防ぐ「プラス1枚」を習慣にしてみませんか。

冷える環境で働いている人は、腹巻きでお腹の冷えを防いだり、室外との出入りが多い人は、カーディガンを用意したりして、温度差に応じて冷えを防ぐとよいでしょう。意外と忘れやすいのが、下半身や足元の冷え防止です。ひざ掛けなどを膝の後ろまで巻き込む、夏でもストッキングや靴下を着用するなどして、冷えから体を守ってください。

夏の暑さは秋分の日を過ぎる頃から徐々にやわらぎます。朝夕の涼しさは心地よいものですが、季節の変わり目の寒暖差をストレスと感じる人もいるようです。「そういえば毎年、秋口は不調になる」と思い当たる人は、寒さ対策を取り入れましょう。

季節の変わり目の急な気候の変化をストレスと感じる人もいます。実は、激しい寒暖の差は、自律神経への負荷となるからです。また、寒さや冷えそのものも、ストレスになります。寒暖差が激しい3月頃や涼しくなり始める9月頃に胃の不調や体調不良に悩まされるという人は、寒暖差や寒さへの対策を知り、季節の変わり目を健康に乗り切りましょう。

できるだけ温かいものを食べたり飲んだりするというセルフケアは、簡単に実行できそうですね。

急に足がつって困る!こむら返りの対策は?

就寝時や運動中によく起こるといわれるこむら返り。「最近、よく足がつる」と思い当たる場合は、クーラーによる冷えや汗をたくさんかいたことによるミネラル不足などが原因かもしれません。まずは、足がつったときに慌てないよう、対処方法を知っておきましょう。また、こむら返りの原因となる「足冷え」の手軽な予防法の一つとして、入浴があります。

足を伸ばし、かかとを前方に出すようにしてつま先をすねのほうに向け、しばらくキープするのが基本のポーズ。そばに人がいるときは、足先を体側に押してもらうのも一つの方法です。

夜はお風呂でじっくり温めれば、疲れた筋肉をときほぐせます。入浴剤を使えば、温浴効果が高まります。「今日は湯船につかりたくない」という人は、足湯も有用です。

上記の記事からは、ふくらはぎの筋肉の疲れがこむら返りにつながることがわかります。立ち仕事や座りっぱなしのデスクワークの人は、足の疲れをやわらげる生活を心がけませんか。

便秘や頻尿など、旅行中のトイレにまつわる悩み対策

夏休みに計画している旅行は楽しみだけど、「便秘になってしまう」「頻繁にトイレに行きたくなる」など、トイレにまつわる不安を抱える人が少なくないようです。そんな悩みのセルフケアに関連して取り上げられているキーワードが「副交感神経」。お風呂に入ったり、下腹部を温めたりして、副交感神経を優位にすることが大切なのですね。

腸の消化・吸収が活発に行われるのは、リラックスして副交感神経が優位になっているときなので、旅先では入浴がおすすめです。熱すぎない38~40℃ぐらいのお湯にゆっくりつかったり、足湯を楽しんだりしてもよいでしょう。

旅行などで屋外に出るからトイレが不安という人は、腹巻や使い捨てカイロなどで下腹部を温めておきましょう。温めると膀胱の血行がよくなり、過度な収縮を防ぐのに役立ちます。また、副交感神経のスイッチが入るので、緊張や不安で交感神経が優位になった状態を整える働きもあります。

他にも旅行中の不調を改善するために役立つ記事をご紹介します。せっかくの旅行、元気に楽しみましょう。

「夏バテ」と「熱中症」を防ぐには?

疲れ、だるさ、食欲不振…といった不調が現れる夏バテ。「暑気あたり」や「夏負け」と呼ばれることもあります。暑いからといって、冷やしてばかりいると、夏バテを招いてしまうようです。

体にやさしい夏場のエアコンの温度は28℃前後。外から戻った直後はつい低い温度にしたくなりますが、涼んだ後は温度を見直してください。また、エアコンや扇風機の風が直撃しないよう気をつけましょう。

冷たいものを食べるのは、胃の中に保冷剤を入れるようなもの。胃腸が収縮するので、働きが低下します。ランチにスープや味噌汁をプラスするなど、体の中に入れるものの温度アップを心がけましょう。あんかけ料理やポタージュスープなど、とろみのあるメニューを選ぶと、胃の中に長くとどまるので、温かさが長持ちします。

夏バテと並んで、代表的な夏の不調である熱中症。「暑いから起こる」と思われがちですが、実は「汗を上手にかけること」が防ぐポイントで、運動する習慣が役立つことをご存じでしたか?

暑い季節に慣れることを「暑熱順化(しょねつじゅんか)」と呼びます。熱中症は、体温調節がうまくできず、体温が異常に上がることから起こります。暑熱順化が成立すると、体温が低くても発汗できるようになるので、体温が上がりにくくなり、熱中症の予防につながります。(中略)「暑熱順化」は、夏が来る前に意図的に成立させることができます。最も有用なのは、汗ばむ程度の運動です。

Page Top