注目のキーワード

2016年12月27日

肌によい時間帯は?寝る子は育つ?睡眠の疑問を解決【健康豆知識】

「こう眠ったほうが調子がよいはず」「子どもにはどんな睡眠がいいの?」といった眠りにまつわる思い込みや疑問を持っていませんか?この記事では、毎日の健やかな睡眠に役立つ知識や興味深い情報をお届けします。あなたの思い込みや疑問をチェックしてください。

「美容には、22時から2時の睡眠が大切!?」

主に睡眠中に脳から分泌される成長ホルモンには、傷ついた細胞を修復する作用もあります。しかし、「肌のゴールデンタイム」「シンデレラタイム」と呼ばれる22時から2時に分泌されるという決まりはなく、睡眠前半に多い徐波睡眠の間に集中して分泌されます。したがって別の時間帯に寝ても成長ホルモンは分泌されます。就寝時刻そのものよりも規則正しい睡眠習慣が美容によい効果を与える可能性があります。

▼関連記事:睡眠には、脳や体の疲れをとる以外にも、さまざまな働きがあります
▼関連記事:睡眠は、レム睡眠とノンレム睡眠という2つの状態で構成されています

「家事がひと段落した午後に昼寝をするのは大丈夫?」

昼間に短い睡眠をとると、気分がスッキリして活力が出る場合もありますが、「昼寝は30分以内」「夕方以前の早めの時間に」と決めておくとよいでしょう。1時間の昼寝はその3倍の夜の睡眠に相当するともいわれており、夜の健やかな睡眠を削るからです。昼寝の前にお茶やコーヒーを飲むと、カフェインが効き始める30分後くらいにスッキリ気分よく目を覚ませます。

▼関連記事:睡眠は、レム睡眠とノンレム睡眠という2つの状態で構成されています
▼関連記事:コツ2.カフェイン+30分程度の仮眠でスッキリ覚醒

「よく夢を見るのは、眠りが浅いからですか?」

私たちが夢を見るのは、レム睡眠のときです。脳が活発に動いているので、浅い眠りだと誤解されがちですが、レム睡眠のときに何らかの刺激を与えても、ノンレム睡眠のときよりも目を覚ましにくいことがわかっています。レム睡眠とノンレム睡眠は、単に「浅い」「深い」というわけではなく、種類が違う眠りと理解したほうがよいでしょう。

「子どもが試験前に徹夜するのが習慣になっています」

睡眠には、その日に学習したことを記憶として刻み付ける働きがあります。学習効果をしっかり得るためには、睡眠をはさんだほうが効果的。試験前に徹夜して頭に詰め込むと、記憶した内容を思い出しにくかったり、計算の正確さが落ちたりすることがわかっています。

▼関連記事:睡眠には、脳や体の疲れをとる以外にも、さまざまな働きがあります

「“寝る子は育つ”って、本当?」

睡眠中は、骨や筋肉の成長を促す成長ホルモンが分泌されるので、特に成長期の子どもには大人よりも長い睡眠時間が必要です。また、大人も子どもも、睡眠時間が短い人は太る傾向があります。小学校低学年のときに睡眠時間が短かった場合、中学生や高校生になってもBMI(*1)が高いこともわかっています。塾や習い事などで忙しいお子さんが増えていますが、寝不足が続かないよう家族で生活を見直しましょう。

*1 国際的に用いられている肥満度の指標

 
▼【睡眠】をもっと読む

この記事をシェア

  • facebook
  • twitter
  • google+
  • はてブ