注目のキーワード

SE、ドライバー、オペレーター…。体を動かさない職業におすすめのセルフケア【まとめ読み】

2017年8月1日

SE、ドライバー、オペレーター…。体を動かさない職業におすすめのセルフケア【まとめ読み】

「職業病」という言葉もあるように、仕事の特性や内容によって、特定の不調や疲れを引き起こすことがあります。ここでは、体をあまり動かさず体力を使わないとされる職業の人が感じやすい悩みや不調を取り上げます。あなたの仕事に合わせたセルフケアを知って、元気な毎日を過ごしましょう。

▼関連記事:体を動かさない人ほど、実はさまざまな不調を感じています

「目の奥がずーんと重い」。SEなどに多い疲れ目対策は?

SE(システムエンジニア)やプログラマー、書類作成やデータ入力に追われるデスクワーカー、校正者、目視検査者など、目を酷使する仕事はいろいろ。そんな人が知っておきたい疲れ目対策をご紹介します。

疲れ目により目の焦点が合いづらくなる現象が、蒸しタオルで目を温めると改善するという実験結果があります。目を温めると、副交感神経の働きを高めるので、全身のリラックスにもつながります。

目だけでなく、首や肩も蒸しタオルなどで温めてみましょう。血めぐりがよくなるので、疲れ目を軽くする効果が期待できます。全身を効率的に温めて血行を促進するのが、入浴です。お湯の温度は、ややぬるいと感じる程度の38~40℃がおすすめ。できれば10分以上、ゆっくり湯船につかりましょう。

▼出典記事:パソコン画面と向き合う仕事なので、夕方になると疲れ目がひどい。目の奥も重い

長時間マウスを握ってクリックを繰り返すという人は、手首の痛みや腱鞘炎の予防法などもチェックしておきませんか。

▼参考記事:腕や手の関節が痛い。しびれも感じる

疲れ目やドライアイが起こる仕組みや改善方法をまとめて知りたい人は、下記の記事も参考になりそうです。

▼参考記事:冷やす?温める?疲れ目やドライアイの改善法【まとめ読み】

ドライバー必見!疲れた腰と目をいやすセルフケア

長距離トラックやタクシーの運転手、営業や通勤で長時間運転する人は、座りっぱなしの姿勢が原因で、腰痛に悩まされることが多いようです。ドライビングポジションにも気をつけましょう。

▼参考記事:コツ3.ドライビングポジションを再確認!シートベルトのかけ方にも注意

運転中に前方を見つめ続けたことで、疲れ目やドライアイになったら、休憩時間の過ごし方にひと工夫。気分も目もリフレッシュして、安全運転を再開したいですね。

途中で休憩をとり、リラックスモードにシフトして、自律神経のバランスを整えてください。時間が許せば、10~15分程度の仮眠をとって、疲れた目と脳をリフレッシュ。その際、蒸しタオルなどで目を温めると、リラックス効果が高まるだけでなく、疲れ目やドライアイがさらにやわらぎます。

▼出典記事:家族とのドライブで久しぶりに運転したら、なぜか目が疲れた。目も乾く気がする…

また、毎晩のお風呂でちょっとしたストレッチを取り入れませんか。

38~40℃くらいのややぬるめの湯に肩までつかり、10分間の全身浴で体を十分に温める。その後、湯船の中で、バスタブの片側を両手で持ち、腰をゆっくりひねる。バスタブのふちを持ち、腰を持ち上げたり戻したりするのも効果的

▼出典記事:肩こり・腰痛対策―すぐに役立つ健康入浴法(4)

運転中は、「前のめり」の姿勢になっていないか意識することも大切。腰痛が気になる人は寝る前に実行したい簡単なストレッチをチェックしましょう。

▼参考記事:パソコン作業などによる長時間の同じ姿勢は、首や肩への大きな負担。まずは作業環境や習慣を見直しましょう

▼参考記事:コツ3.寝る前2分の習慣に!ベッドでできる腰の疲れをとるストレッチ

座りっぱなしで席を離れづらい!オペレーターの腰痛改善法

座りっぱなしで行う仕事の中でも、コールセンターのオペレーターや窓口業務といった接客は、「好きなときにちょっと席を離れてリフレッシュ」が難しいかもしれません。同じ姿勢を続けたことで腰痛に悩むようになったら、日常生活のちょっとしたコツを知って、腰をいたわりましょう。

長時間のデスクワークやパソコン作業を続けると、自律神経のバランスが乱れたり、血行が滞ったりすることで、疲れやこり、そして冷えを感じる場合もあります。
冷えが気になる人は、あらかじめ冷える部分を温めておきましょう。冷えを防ぐと同時に、疲れやこりもやわらぐことがあります。温めると血管が拡張して血行がよくなるので、疲労物質や発痛物質がスムーズに代謝されるためです。

▼出典記事:異動でデスクワークになってから、何となく体調が悪く、疲れが抜けない

お風呂でしっかり腰痛対策をしたいという人は、湯船の中で腰を軽くひねる体操をしてみませんか。

入浴には、血流を促す効果や、浮力により腰の負担を軽減する効果があるので、慢性の腰痛対策にぴったりです。また、筋力の衰えが腰痛の原因であることも多いため、軽い腰の体操を組み合わせて入浴の効果をアップさせましょう。

▼出典記事:肩こり・腰痛対策―すぐに役立つ健康入浴法(4)

自宅で家事をするときに気をつけたいことが紹介されている記事や、足のむくみが気になる人におすすめのストレッチもあります。

▼参考記事:コツ5.職場だけではなく家でも外出先でも実行したい!腰にやさしい生活のコツ

▼参考記事:コツ2.座ってできるストレッチで、筋肉のポンプ作用をサポート

生活リズムが不規則なSOHOが知っておきたい調節術

SOHOやノマド、テレワークといった働き方が注目されていますね。場所や時間にとらわれず自分のペースで働ける一方、ついだらだらと過ごしたり、生活リズムが不規則になったりする人もいるようです。不規則な生活を立て直す基本ともいえる就寝時間を調節する方法として、お風呂が役に立つことをご存じでしたか?

就寝する約2時間前にお風呂に入り、深部体温を上げましょう。お風呂上がりの汗やほてりが引いてきた頃が、布団に入るベストタイミング。就寝する予定の時刻になっても体のほてりが抜けない場合は、お風呂に入る時刻を少し早めてみてください。

▼出典記事:睡眠と入浴―すぐに役立つ健康入浴法(6)

「昨日は遅くまで仕事をしたから、眠たくなってきた」というときは、昼寝のコツを知っておくとよさそうです。

昼間に短い睡眠をとると、気分がスッキリして活力が出る場合もありますが、「昼寝は30分以内」「夕方以前の早めの時間に」と決めておくとよいでしょう。1時間の昼寝はその3倍の夜の睡眠に相当するともいわれており、夜の健やかな睡眠を削るからです。昼寝の前にお茶やコーヒーを飲むと、カフェインが効き始める30分後くらいにスッキリ気分よく目を覚ませます。

▼出典記事:肌によい時間帯は?寝る子は育つ?睡眠の疑問を解決【健康豆知識】

仕事に没頭してつい夜更かしをしてしまう人や、育児と在宅勤務を両立させている人は、下記の記事もぜひ読んでみませんか。

▼参考記事:体内時計の周期は、朝日を浴びるとズレがリセットされます

▼参考記事:コツ1.寝かしつけたらそのまま朝まで寝て、夜家事から朝家事へ!

▼【お役立ち記事まとめ読み】をもっと読む

この記事をシェア

  • facebook
  • twitter
  • google+
  • はてブ