注目のキーワード

めまいやふらつきがすることがある。特に病気ではなさそうなのに…? よく見られている記事

2017年2月2日

めまいやふらつきがすることがある。特に病気ではなさそうなのに…?

めまいやふらつきの原因はさまざまですが、片頭痛(偏頭痛)に伴って発生する場合や、過労やストレスといった生活習慣が原因で起こる場合もあります。この記事では、めまいを防ぐために役立つ知識をお届けします。適切な予防法や対策を知り、毎日を元気に過ごしましょう。

片頭痛の症状として、めまいやふらつきが現れる場合があります

片頭痛は単に「頭が痛い」というだけでなく、それ以外の複数の症状や不快感を伴うことがあり、めまいやふらつきもその一つです。

▼関連記事:片頭痛はズキンズキンとした痛みが長く続くのが特徴です
▼関連記事:片頭痛で仕事や家事ができない。人混みや騒音でますます痛くなる

ただし、めまいを引き起こす要因は多岐にわたります。めまいと同時に耳鳴りがする、聴力が落ちたといった場合は耳に原因がある可能性が考えられます。しかし、両側の耳で耳鳴りがする場合は、耳に原因があるのではなく、片頭痛に伴う頭鳴(ずめい)という症状の場合もあります。また、ろれつがまわらない、体の片側が麻痺する、立っていられず歩けない、突然の激しい頭痛がするといった症状が一つでも該当する場合は、すぐに受診してください。

特に病気ではないのにめまいやふらつきが起こることもあり、過労や睡眠不足、ストレスなどにより自律神経のバランスが崩れることも原因になります。ここでは、片頭痛に伴うめまいや、毎日の生活習慣から引き起こされるめまいの対策について取り上げます。

知っておきたい!めまいやふらつきが気になる人の5つのセルフケアのコツ

「めまいやふらつきがすることがある。特に病気ではなさそうなのに…?」。そんな悩みや不調の対処法をご紹介します。自分に合ったセルフケアを取り入れて、めまいやふらつきになりいくい毎日を送りましょう。

コツ1.めまいが起こったときにすぐできる対策をチェック

急にめまいが起こると、焦ってしまい、転倒や事故につながらないとも限りません。屋外にいるときにフラフラとしたら、手すりなどにつかまるか、どこかに腰かけます。深呼吸して気分を落ち着けるのも効果的です。家の中にいるときは、静かな暗い部屋で横になってください。

めまいが起こったら、光や音を避けて安静になるのがおすすめ。窓の外の明るさが気になる場合は、アイマスクを活用しても

コツ2.片頭痛のサインとして現れるなら、事前の対処に役立てる

めまいやふらつきは、片頭痛に伴う症状であると同時に、片頭痛になる前の予兆として現れる場合もあります。めまいの数時間後から1~2日後にひどい頭痛がするという人は、片頭痛のサインとして理解し、安静にして過ごす、可能なら予定を調整するなどの対策をしておくとよいでしょう。めまいが強くなることや不快感を増すことを避けるのも重要です。

コツ3.体を動かす習慣を身につけて、めまいも片頭痛も予防

めまいや片頭痛に悩む人は、「運動しないほうがよいのではないか」と思いがちです。不調を感じるときや片頭痛が起こっているときは安静に過ごすことをおすすめしますが、気分がよい日は、ウオーキングや自転車こぎなど、汗ばむ程度の運動を30分程度しませんか。運動にはストレスを解消する効果があり、筋肉量の維持はふらつきや転倒の予防にも役立ちます。

ウオーキングなどの息が少しあがる程度の運動がおすすめ。スポーツジムのエアロバイクで運動するほか、買物に行くときに自転車を使うなど普段の生活でも工夫を


 
片頭痛の予防には、首から肩にかけて広がる僧帽筋(そうぼうきん)などを伸ばすストレッチ「頭痛体操」も有用です。椅子に座ったままでもできるので、屋外に出られないときや仕事や家事の合間などに実行してください。

▼関連記事:ストレッチで頭痛を予防・改善!手軽な頭痛体操 【健康豆知識】

コツ4.入浴でリラックス!ただし浴室内の動きはスローに

過労やストレスにより交感神経が活発になり続ける生活は、自律神経のバランスが崩れ、めまいが起こりやすくなります。めまいや片頭痛が起きていない日は、ぬるめのお湯をはった湯船につかり、緊張をときほぐしましょう。疲れがたまっている人は、湯船から出るときや洗髪で頭を上げ下げするときに、ゆっくりと動くようにすると、めまいの予防につながります。

▼関連記事:ぬるめの湯は副交感神経に働きかけるので、リラックスできます

コツ5.規則正しい生活リズムでめまいや頭痛が起きにくい体に

毎日忙しいからと、朝食を抜いたり、寝不足が続いたりしていませんか?睡眠は体の疲労を回復させるほか、脳を休める働きもあるので、睡眠時間の確保は大切です。寝る前のアルコールやタバコは、質のよい睡眠を妨げる場合があるので、できれば避けてください。

朝食を抜くと血糖値が下がり、片頭痛を招きやすくなります。毎日決まった時間に起床し、規則正しく3食をとることで、体のリズムを整え、めまいや片頭痛が起きにくい体を育みましょう。

忙しくてもできるだけ朝食は欠かさずに。「時間がない」「朝は食欲がない」という人はヨーグルトやフルーツなどを食べる習慣から始めたい


 
▼【頭が痛い】をもっと読む

この記事をシェア

  • facebook
  • twitter
  • google+
  • はてブ